水の詩


[ トップページ > びっくり箱 > 水の詩 ]
 以下の文章はある方にチャット中に教えてもらったもので、何かの本からの引用らしいのですが書名などは判りません。ご存知の方は教えていただけないでしょうか?

 出典が判らないものは本来なら掲載するべきではないのですが、あまりにも素晴らしい言葉なので掲載します。
The greatest wisdom is like water.
(優れた英知は水に似ている。)

Water keeps everything alive,and does not quarrel.
(水はすべてを生かし、争わない。)

it flows to low places,and gives life without discrimination
(低いところに流れてゆき、分け隔てなく命を与える。)

It has no intention,but is simply where it should be,taking its instinctive shape.
(何も意図をもたず、ただあるべきところにあり、あるべき形をとる。)

Its function is natural,harmony itself.
(その働きには無理がなく、調和そのものである。)


 さらに、教えてもらいました。これは訳文を読めばすぐに意味が掴めるとおもいます。
The existence of all people is love itself.
(あらゆる人の存在は、本来、愛そのものである。)

Like water and ice,without water there is no ice
(水と氷のように、水がなければ氷がないように、)

love does not exist without us.
(私たちを離れて愛はない。)

If we are covered in illusion,captured by illusion.
(幻に覆われ、幻にとらわれているならば、)

We will not know that truth is near,And look for it in the distance,without ever finding it.
(真理が近くにあることを知らず、遠くに求め、いつしかその生を終える。)

To use a metaphor,it is like crying of thirst in the middle of abundant water.
(たとえて言うならば、水の中にいて乾きを叫ぶようなものである。)


[ トップページ > びっくり箱 > 水の詩 ]
智ねっと