CPUファン比較


[ トップページ > びっくり箱 > CPUファン比較 ]
2002/8/5

 なぜかPentium2.26GHz付属ファンを譲ってもらったので自分の1.6AGHzの付属ファンと比較してみました。

 下敷きにしているのは身内が買った「電撃姫」ですがきにしないよーに。

1.6AGHz付属ファン。NIDEC(日本電産)製

 1.6AGHzを買ってきて開けてショックだったのは回転数が低くて静かという話の山洋電気のファンでなく、NIDECのファンがついてたこと。型番はF08G-12B2S1 02AC1 DC12V0.18A

   羽根の形は普通。温度によって2400〜3800回転で可変です。

2.23GHz付属ファン。山洋電気製

CPUファンが騒さいと言ってるヒトに山洋電気のなら騒さくないはずなんて言ってたら、CPUファンをカノープスのに買い換えてから譲ってくれました。

 ちなみに型番は109X9812T0H076 DC12V0.21Aで、市販(と言っても売ってないような)の109X9812T0H016その1109X9812T0H016その2と同等品で2.53GHz対応のようです。3900回転で回ってるので後者っぽいかな。

 羽根の形が変わってて、なんか最近の羽根の数の多い扇風機に似てます。使ってみたところ3900回転のようですが可変でしょうか?これから涼しくならないと判りません。


 2つ並べたところです。ファン形状の差がわかるでしょうか。角度のせいでホログラムの色が違います。


 裏面です。2.26用は側面からの溝が入っていることが判ります。

 拭き落としてますが実際は銀色のアルミ箔みたいなところにグレーの熱伝導体のようなものが塗ってあり、CPUにつけるとそっちにもくっつきます。
 アルミ箔のようなものを剥いでしまうヒトもいるようですが、山洋電気のページの製品概要をみると必要なもののようです。


 横から見たところです。右の2.26用には溝があります。左の1.6A用のNIDECのファンは基板が見えてるのがなんか安っぽいような。


 側面です。2.26用がフィンの枚数が増えて放熱面積が広いことが判ります。


 こんなとこでしょうか。1.6A用はプーンと高い音がしてましたが、2.26用は音程が低くなって耳障りでは無くなりました。さらに静かになっていい感じ〜。
[ トップページ > びっくり箱 > CPUファン比較 ]
智ねっと