BBAとWinRouteLiteを使って
無理やりLAN


[ トップページ > LAN > DCLAN > BBAとWinRouteLite ]
 なんか海外のPSO接続情報のページで紹介されているWinRouteLiteってソフトルーターが話題になってるようなんで、話題になってない方法を実験してみました(笑)
 BBAを接続方法として、WinRouteLiteをWin98SE/Me/2000でのインターネット接続の共有機能の代わりに使っています。

 ちなみにWinRouteLiteは$79のダウンロード販売ソフトで30日間の試用期間があります。使用を続けるつもりの人はちゃんと支払いしましょう。
 うちはこの金額をWindowsでしか動かないソフトルーターに支払うぐらいなら、他の環境でも使えるルーターを買うか、1050円で手に入るWindows98をWindows98SEに出来るWindows98SEupdateCDを買いますけど(笑)。Windows98SEupdateCDはマイクロソフトからの直販で手に入ります。


必要なもの

DCにBBAを接続する前準備

 ドリームキャストでユーザー登録及びISAOネットへの登録をしてない場合は登録しておく。ISAOネットへの登録はドリームキャストを使う上での身分証明のようなものなので、ドリームキャストで課金のあるネットゲームを遊ぶ場合には事前に登録しておく必要があります。
 ISAOネットを接続に使用しないのであれば料金コースは従量制を選んでおきましょう。そうしておくと余計な料金は一切かからなくなります。
 ドリームパスポート3で一般電話回線で登録する必要か、ドリームパスポートプレミヤで一般電話回線もしくはLAN経由の接続(ISDN,ADSL,CATVなど。どれもセガはユーザー登録に利用することは推奨せず、電話回線で登録することを勧めています)で登録する必要があります。

ハードの準備

Click here to visit our sponsor

パソコン側の準備


 コントロールパネルのネットワークを開いてネットワークの設定画面を出します。一覧の中から"TCP/IP -> 使用しているLANカード名"のものを選びプロパティを出します。
 IPアドレスに192.168.0.1、サブネットマスクに255.255.255.0を指定します。他にLANカードなどがあって192.168.0.1に設定するのに問題があるときは192.168.1.1などでもいいです。OKを押すと再起動を求められるので再起動します。

 ※IPアドレスを192.168.0.1などにする理由はLANでの決まり事があるので、でたらめな数値に設定することは避け書籍やLANに関する初心者向けページで勉強してください。


 WinRouteLiteをインストールし、再起動後にWinRouteLiteを起動する(インストール手順までは説明しません)


 Settingタブを開き、"Dial-up Adapter (Modem,ISDN)"を選択し、下の選択から目的とする接続先を選びましょう。すでにTAなどでネットに繋いでいれば選択するものがすでにあるはずです。まだ設定してない場合はEditボタンで新規に作成ができ、すでにあるものも編集できます。
 自動的に回線を接続して欲しい場合は、Usernameに接続IDをPasswordには接続パスワードを入力しておきましょう。


 Dialing Optionsです。上から  です。自分の必要な設定にしましょう。


 Advanced SettingsのSettingボタンを押して詳細設定を行います。使用するLANカードを選び、"Enable DHCP server"をONにし、適当な範囲をDHCPサーバー機能でIPアドレスを配布するように設定しておきましょう。BBAを自動ではなく手動設定するのでよければONにしなくてもかまいません。
 ここでは192.168.0.2から192.168.0.10までに設定しています。


 DNS ProxyタブでDNS Proxyの設定です。これを設定しておくとBBAの設定のDNS設定のところでLANカードに設定した192.168.0.1を入力しておくだけで良いようになります。接続先を違うところに変更してもBBAのDNS設定を変更しなくてもいいということです。
 とりあえずONにしておきます。


 Port Mappingタブです。静的IPマスカレードのことですが、BBA対応ゲームが設定を必要としない限り設定をしなくていいです。とりあえずPSOをBBAでプレイする場合は設定の必要はありません。


 Securityタブです。2つチェックがありますが、ONにするとPCのセキュリティが甘くなるのでチェックはつけません。

 設定完了です。

BBAの設定

 ブロードバンドパスポート(出来ればPSOver2のブラウザ)でBBAを設定します。WinRouteLiteで設定されるものを使用するのでほとんどが自動設定です。

 固定する必要がある場合は必要な設定を調べてそれを入力しましょう。もしかするとブロードキャストアドレスあたりに困るかも知れませんが……
Click here to visit our sponsor

接続

 自動接続に設定していない場合は、ここで回線を接続しておきましょう。適当なダイアルアップ設定を開いて接続します。自動接続を選んだ場合は必要なときに接続されるので気にしなくてもいいです。

 ドリームキャストにブロードバンドパスポートを入れて(出来ればPSOver2を起動してWEB SITEを選択)接続してみましょう。インターネットにあるページが表示できたらそれで成功です。あとはBBA対応ソフトで遊びましょう。

 ※注意:この状態はルーターを経由してるのと同じ状態なので、BBA対応でも特殊なソフトは動かないことがあるので気をつけましょう。ぐるぐる温泉BBとPSOは動作が確認されているようです。


 接続に成功するとWinRouteLiteのメイン画面はこういう風になります。

静的IPマスカレードの設定

 一部ゲームでは静的IPマスカレードの設定が必要になることがあります。その場合は以下の方法で設定してみてください。
 PSOver2ではBBAを使用している場合、タイトル画面のオプションからUDP SETTINGというのを選びUDPAUTOかUDPOFFにすると静的IPマスカレードの設定は必要ありません。PSOは静的IPマスカレードを設定しても不安定な移動とかの動作をすることがあるので、UDPOFFかUDPAUTOをお勧めします。



 WinRouteLiteのSetting画面Advanced Settingを開きます。


 PortMappingタブの画面を開き、Addボタンを押します。



 このページや他の関連ページでの情報などを参照して静的IPマスカレードを設定しましょう。WinRouteLiteはTCP/IPもUDPも同時に転送するので区別はありません。
 ドリームキャストとBBAに固定したIPアドレス192.168.0.100などを設定しておいて、転送先IPアドレスは192.168.0.100などにしましょう(画像はモデムでの例を流用しているので192.168.55.2になっているので注意)



補足情報


[ トップページ > LAN > DCLAN > BBAとWinRouteLite ]
智ねっと