WindowsXPへのRASPPPOEのインストール

接続共有の設定(各種設定)


[ トップページ > LAN > DCLAN > WinXPへのRASPPPoEインストール(その2:各種設定) ]
 このページの情報は、フリーソフトウェアのPPPoE接続ツールRASPPPOEのインストールの説明と接続共有の説明です。
 接続共有の詳しい設定やトラブル対策はBBAとWindows98SE/Me/2000の接続共有を使ってDCを無理やりLAN参加させるを参照しましょう。

 このページを参考に行動した結果については情報は受け付けますが、苦情は受け付けられません。自分の責任において購入や設定作業を行いましょう。

 以下の内容はWindowsXP ProfessoonalのものですがHomeでも同じことが可能と思います。

目次


 前のページからの続きです。RASPPPOEを使えるようにするために各種設定を変更します。

LANカードの設定

 WindowsXPではLANカードにIPアドレスが設定されていないと、起動直後にネット接続しようとしても少しの時間待たされたりすることがあります。ほかにも以前のWindowsと同じくRASPPPOEを使用しての通信中に通信が一時中断することもあるかもしれません。これを避けるためにLANカードに固定してIPアドレスを設定しておきます。

 スタート→マイネットワークを右クリックしてプロパディ選び開きます(クラシックスタートメニューの場合はスタート→設定→ネットワーク接続を右クリックして「開く」を選ぶ)

ローカルエリア接続アイコン一覧の中からADSLモデムを接続しているLANカードのプロパティを開きます。


 「インターネット プロトコル (TCP/IP)」を開いて、ADSLモデムと接続するLANカードのIPアドレスを固定します。


 接続共有を行うためのものなので接続共有の192.168.0.1にぶつからなくて、後々のルーター増設時などにもぶつからない192.168.1.2あたりがいいでしょう。サブネットマスクは255.255.255.0です。



通信アイコンの作成

 C:\WINDOWS\RASPPPOE.EXE(WindowsXPのインストールしてあるドライブ、フォルダで変わります)を起動して接続アイコンを作成します。あまり使いませんが、この実行ファイルのショートカットを作っておくといいかもしれません。スタートメニュー→ファイル名を指定して実行でRASPPPOEと入力しても起動できます。


 上の選択で接続に使用するLANカードを選び、「Query Available Services」のボタンを押します。ここでエラーが出るようならLANカードの選択を間違っているか、ADSLモデムとのLANケーブルでの接続がうまくいってません。選択や接続を確認しましょう。


 表示されたものを選択し、「Create Dial-up Connection for the selected Service」を押します(このページと同じ名前のものが表示されるとは限りません)。
 これで接続アイコンができているはずです。デスクトップへもその接続アイコンへのショートカットが作成されます。

 デスクトップにできる接続ショートカット及び、ネットワークとダイヤルアップ接続内に作成される接続アイコンは名前を変更できるのでわかりやすい名称に変更しておくのもいいでしょう。

ダイヤルアップの設定

 次はネット接続時にダイヤルアップするように設定します。InternetExplorerの設定に見えますが、NetscapeNavigetorなどでも必須の設定になります。

 コントロールパネルのインターネットオプションか、IEを起動してツール→インターネットオプションを開きます。

 接続タブに移動し「通常の接続でダイヤルする」を選択した後、作成したアイコンを選び「規定に設定」ボタンを押します。

接続共有の設定

 スタート→マイネットワークを右クリックしてプロパディ選び開きます(クラシックスタートメニューの場合はスタート→設定→ネットワーク接続を右クリックして「開く」を選ぶ)

 RASPPPOEを使用する場合の接続共有の設定はRASPPPOEの接続アイコンになります。

 接続の設定を行うために、RASPPPOEで作成した接続アイコンのプロパディを開きます。

 ネットワークタブに移動し、「インターネットプロトコル(TCP/IP)」のプロパディを開きます。


 プロバイダに指定されているDNS情報を設定しましょう。通常のダイヤルアップ接続時にはDNSの手動設定が必要であっても、フレッツADSLでのPPPoE接続に限っては自動取得で良いところが多いようです。


 詳細設定タブを開いて「ネットワークのほかのユーザーに、このコンピュータをとおしての接続を許可する」にチェックを入れます。これが接続共有の設定になります。
 「ホームネットワーク接続」に選ぶローカルエリア接続はBBAを接続しているLANカードのものを選択します。

 「ネットワークのコンピュータがインターネットへのアクセスを試みるたびにダイアルアップ接続を確立す」をONにしておくとDCでの接続をしようとしたときに自動的にパソコン側でもRASPPPOEでの接続をしてくれますが、できるだけOFFにして自分で管理したほうがいいでしょう。

 「ネットワークのほかのユーザーに、共有の制御や切断や無効化を許可する」は、共有用の設定ディスクを作ってほかのパソコンを設定した場合の設定なので、DC向けには意味がありません。



 これで完了です。細かい設定やトラブル対策などはBBAとWindows98SE/Me/2000の接続共有を使ってDCを無理やりLAN参加させるを参照してください。
[ トップページ > LAN > DCLAN > WinXPへのRASPPPoEインストール(その2:各種設定) ]
智ねっと