智猫カウンターCGI


[ ダウンロードコーナーに戻る ][ トップページに戻る ]

智猫カウンターCGIの説明とダウンロード

特徴

 このカウンターCGIはSSIを使用せずに動作し、サーバー依存するGIF連結ツールFLYなども使用していないので殆どのPerlスクリプトが使用できるCGI環境で動作します。

使用方法

 すべてのファイルを同じフォルダに置き、HTMLで<IMG SRC="tomcnt.cgi?l=桁数">と記述すれば使用できます。
 オプションにdf=カウンターデータファイル名とすることで新規にCGIスクリプトを設置することなく、カウンターの個数をを増やせます(カウンターファイルを準備しておくことが必要です)
 noup=yesとすることでテスト時にカウントアップしないで表示テストが出来ます。mode=textとすることでSSIでのテキスト表示にも対応しています(AnHTTPDでのみ動作確認済み。桁数指定が無効になります)

 オプション指定参考HTML:<IMG SRC="tomcnt.cgi?l=6&df=newcnt.txt&noup=yes">

 CGIスクリプト内の$IP_CHK = 0;を1にすると、同じIPアドレスからのリロードなどでのカウントアップをしなくなります。$URL_CHK = 0;を1にすると呼び出し元のURLをチェックするようになり、イタズラによるカウントアップを防げます。どちらの設定も正常に動作してることを確認してから設定してください。
 $ADM_IPCHK = 0;を1にすると、@ADM_IPに設定した管理者IPアドレスリストに該当する場合カウントアップを行わないようになります。これも正常に動作してることを確認してから設定してましょう。ダイアルアップ接続時のIPアドレス割り当てなどを理解しているかたのみ使用してください。

 gifcat.plを1999/10/12時点の最新版にしたのでカウンター画像に透過GIFが使えるようになりました。
 1999/11/14にカウントファイルの書き込み時に簡易ロックシステムを使用するようにし、カウントファイルの破損率を下げました。

注意事項

 使用するカウンター画像によっては連結できないこともあります。連結できるカウンター画像ファイルを使用してください(これは連結に使用しているgifcat.plの仕様です)

 画像ファイルを表示するCGIということでサーバーエラーなどの表示が出ないので、設定ミス時に画像が出ないときに原因が判りづらいので気をつけてください。動作確認にはブラウザのURL欄にtomcnt.cgi?mode=textと入力してテストするものいいかも知れません(テキスト指定は直接呼出しにも有効です)

ダウンロード

 以下のファイルをダウンロードもしくはブラウザで表示して保存し、使用してください。IE3.0xで表示して保存した場合は、ファイル先頭に余分な改行が入るので取り除いてください。

智猫カウンターCGIバージョン0.6-11/14

ファイル説明
tomcnt_cgi.txttomcnt.cgiに変更して使用:カウンターCGI本体
gifcat_pl.txtgifcat.plに変更して使用:GIFイメージ連結用スクリプト
tomcnt.txttomcnt.txtや必要なファイル名に変更して使用:カウンターデータファイル
サンプル画像ファイル
0.gifカウンターGIF画像'0'
1.gifカウンターGIF画像'1'
2.gifカウンターGIF画像'2'
3.gifカウンターGIF画像'3'
4.gifカウンターGIF画像'4'
5.gifカウンターGIF画像'5'
6.gifカウンターGIF画像'6'
7.gifカウンターGIF画像'7'
8.gifカウンターGIF画像'8'
9.gifカウンターGIF画像'9'
Lzh圧縮ファイル。解凍できるかたはどうぞ
tomcnt.lzh全ファイルが入った圧縮ファイルです

 上記配布しているファイルのうちgifcat.plとサンプルカウンター画像は、とほほさんの“とほほのWWW入門”から頂いて再配布しています(表示の必要はないそうですが勘違いされると困るので書いておきます)

 智猫カウンターCGIを利用しているかたに作って頂いたオプションカウンター画像も配布しています。よかったらご利用ください。→オプションカウンター画像配布ページ

 カウンター画像はhttp://www.digitmania.holowww.com/http://www.kiwi-us.com/~hagi/digit/index-j.htmlにあります。連結できるいいファイルを見つけてください。

 このプログラムはパーソナルウェブサーバーAnHTTPD上で開発と動作テストをしており、プロバイダのサーバー上での動作保証はしておりません。プロバイダのサーバーで使用する方は以下を参考にしてください。

プロバイダのサーバーで動かす方法

 CGIが使用可能なプロバイダに加入している方は、以下の方法で動作させることが可能になります。一度でもCGIを使用したことがあるかたが対象です。初めての方はWeb裏技などでCGIの設置などを勉強してから挑戦してください。

 プログラムを手に入れ、必要な変更(最低限Perlのパスを変更してください)をした後、画像以外はアスキー(テキスト)モードでサーバーへアップロードしてください。パーミッションは.cgiや.plのファイルが755(705でもいい)です。.txtのファイルは666(606でもいい)です。画像ファイルはバイナリモードで転送し744(704でもいい)です。 シェルが開放されているプロバイダでは、覗き見を禁止するためにも真ん中の数値を0にすることをお勧めします。

 アップロードとパーミッション変更が終わったら、HTMLファイルを作ってブラウザで開いて動作確認をしてください。動かない場合には変更ミスが考えられます。もう一度変更したところを確認して見てください。

 プロバイダのサーバーは全ての人の共有資源です。負荷が高くなる設定や改造は控えて使用しましょう。


[ ダウンロードコーナーに戻る ][ トップページに戻る ]