智猫フォームメールCGI


[ トップページ > ダウンロードコーナー > フォームメール(SMTP版) ]

フォームメールの説明とダウンロード

特徴

 このフォームメールCGIはUnixコマンドsendmailを必要としません(と言うかsendmailが使えないHi-HOの為に作りました)。よって外部コマンドの実行を許可していないプロバイダや、Unixベースではないサーバーや、AnHTTPDを使用時にフォームからのメールを送信したいという場合にも使用できます。
 欠点としてはメール送信用のsmtpサーバーを使用するので、自分がメールアドレスを持っているsmtpサーバーの設定によっては使用できないこともあります。

 sendmailを使えるサーバーを利用しているかたは、このスクリプトの使用は検討せずほかのCGIサイトで配布されているsendmailを利用したスクリプトを使用することをお勧めします。

注意事項

 使用するsmtpサーバーが外部からの送信を許可している必要があります。これはCGIを置いてるサーバーがメールソフトの代わりの動作をするため、外部からの送信ということになるからです。
 さらに外部からの送信時に、送信者メールアドレスがsmtpサーバーを使用できるユーザーであるかのチェックがされていないことが条件になります(設定で回避できるように作ってるつもりですが身近に制限付きsmtpサーバーがないのでテストしてません)

 AnHTTPなどを利用しての自宅サーバーでSMTPサーバーが確保できない場合には以下のページにあるローカルSMTPサーバーソフトが利用できるかもしれません。
 これらのソフトを使用する場合のソフトの設定などはサポートしませんのでご了承をお願いします。


※お願い:今までsendmailが使用できなくて、フォームからのメールの送信が出来なかったところでもメールの送信が可能になります。このCGIスクリプトを利用/改造して他の方の迷惑になるようなことをしないようにお願いしたいです。

使用方法

 HTMLでの特殊な入力フィールド名として名前のものが設定でき、他のフィールドはそのまま送信されます。


 以下参考HTMLです。

<FORM METHOD="post" ACTION="formmail.cgi">
<INPUT TYPE="hidden" NAME="_subject" VALUE="Tomneko mail-send page."><!-- 題名(日本語不可) -->
<INPUT TYPE="hidden" NAME="_disp_page" VALUE="http://www.venus.dti.ne.jp/~asuka-s/thanks.html"><!-- 送信後に表示するページのURL -->
<INPUT TYPE="hidden" NAME="_noomit" VALUE="yes"><!-- 入力を省略できない設定 -->
メールアドレス <INPUT TYPE="text" NAME="email"><!-- メールアドレスを入力してもらう --><BR>
コメント<BR>
<TEXTAREA NAME="comment" ROWS="6" COLS="60"></TEXTAREA><BR>
<INPUT TYPE="submit" VALUE="送信">
</FORM>

 適当にアレンジして使ってください。フィールド名には日本語も使用できます。

お願い

 このフォームメールCGIを利用するページの片隅にでも、うちのページへのリンクを入れてもらえると幸いです。
 スクリプトを探している他の方の参考にもなりますし。

ダウンロード

 以下のファイルをダウンロードもしくはブラウザで表示して保存し、使用してください。IE3.0xで表示して保存した場合は、ファイル先頭に余分な改行が入るので取り除いてください。

フォームメールCGIバージョン0.2-7/3

ファイル説明
formmail_cgi.txtformmail.cgiに変更して使用:フォームメールCGI本体
jcode_pl.txtjcode.pl変更して使用:日本語コード変換
Lzh圧縮ファイル。解凍できるかたはどうぞ
formmail.lzh全ファイルが入った圧縮ファイルです

 このプログラムはパーソナルウェブサーバーAnHTTPD上で開発と動作テストをしており、プロバイダのサーバー上での動作保証はしておりません。プロバイダのサーバーで使用する方は以下を参考にしてください。

プロバイダのサーバーで動かす方法

 CGIが使用可能なプロバイダに加入している方は、以下の方法で動作させることが可能になります。一度でもCGIを使用したことがあるかたが対象です。初めての方はWeb裏技などでCGIの設置などを勉強してから挑戦してください。

 プログラムを手に入れ、必要な変更(最低限Perlのパスを変更してください)をした後、アスキー(テキスト)モードでサーバーへアップロードしてください。パーミッションは.cgiと.plのファイルが755(705でもいい)です。 シェルが開放されているプロバイダでは、覗き見を禁止するためにも真ん中の数値を0にすることをお勧めします。

 アップロードとパーミッション変更が終わったら、適当なHTMLを作りブラウザで開き、送信して動作確認をしてください。動かない場合には変更ミスが考えられます。もう一度変更したところを確認して見てください。

 プロバイダのサーバーは全ての人の共有資源です。負荷が高くなる設定や改造は控えて使用しましょう。


[ トップページ > ダウンロードコーナー > フォームメール(SMTP版) ]
智ねっと