智猫アドレス帳CGI


[ ダウンロードコーナーに戻る ][ ファーストページに戻る ]

智猫アドレス帳CGIの説明とダウンロード

お知らせ

2001/05/24 NetscapeNavigetorにて前ページ、次ページ動作が正常に動かないのを直しました。

特徴

 ハンドル名、メールアドレス、所在(住所)、コメント、ホームページURL、ホームページ名、性別を登録でき、新規登録時に登録者自身が決めたパスワードにより後でデータの修正と削除を登録者が自分で行えます。
 検索にハンドル名、所在(住所)、コメント、ホームページ名を指定でき登録数が多いときでも目的の登録者を簡単に探すことが可能です。性別は差別防止のために検索では指定できません(これは女性ばかり検索されても、男性が可哀相ということで制限しています(笑))

 作成者としては、一度登録したら更新しないというゲストブック的な使い方よりも、頻繁にコメントに近況を入力してみなで見て楽しむということを想定しています。

使用方法

 すべてのファイルを同じフォルダに置き、ブラウザでaddr.htmlを開くと使用できます。アドレス帳専用のフォルダを準備する場合はaddr.htmlをindex.htmlなどに変更すると多少URLが短くなっていいかもしれません。
 addr.htmlを開いたときに下のフレームに表示される検索結果のソート順を、更新順ではなく登録順に変更したいという場合はaddr.htmlにある“tomaddr.cgi?cmd=srch”を“tomaddr.cgi?cmd=srch&sort=new”に変更すれば登録順で表示されるようになります。しかし、作成者の私が想定しているのは近況を見て楽しむということなので、変更せずそのまま使ってもらえると嬉しいです。ちなみに“tomaddr.cgi?cmd=srch&sort=name”にするとハンドル名順になります。

 細かい設定などは、スクリプト内の設定部分につけているコメントを参考に変更してください。

注意事項

 設置する場合は、設置して置きっぱなしではなく、たまには管理者として登録内容の確認などをすることをお勧めします。注意と説明のHTMLファイルにも書いているとおり、電話番号などの個人情報を登録する人がいる可能性もありますし。危険なデータがあった場合は管理者修正/削除を行いましょう。 管理者修正/削除はそれぞれのデータの登録者の決めたパスワードを入力する部分で、スクリプト内に設定した管理者パスワードを入力することで行えます。

ダウンロード

 以下のファイルをダウンロードもしくはブラウザで表示して保存し、使用してください。IE3.0xで表示して保存した場合は、ファイル先頭に余分な改行が入るので取り除いてください。リンクを右クリック(マックはボタン押したまま?)で出るメニューからダウンロードするのが確実かも知れません。その場合は改行コードがつかないことがあるので気をつけましょう。

智猫アドレス帳CGIバージョン0.2-5/24

ファイル説明
addr_html.txtaddr.htmlに変更して使用:アドレス帳CGIフレーム設定HTMLファイル
menu_html.txtmenu.htmlに変更して使用:アドレス帳CGIメニューフレームHTMLファイル
resist_html.txtresist.htmlに変更して使用:アドレス帳CGI登録画面HTMLファイル
search_html.txtsearch.htmlに変更して使用:アドレス帳CGI検索画面HTMLファイル
caution_html.txtcaution.htmlに変更して使用:アドレス帳CGI注意と説明HTMLファイル
tomaddr_cgi.txttomaddr.cgiに変更して使用:アドレス帳CGI本体
jcode_pl.txtjcode.plに変更して使用:日本語コード変換ライブラリ
tomaddr.txttomaddr.txtや必要なファイル名に変更して使用:アドレス帳初期データファイル
Lzh圧縮ファイル。解凍できるかたはどうぞ
tomaddr02.lzh全ファイルが入った圧縮ファイルです

追加オプション:登録数カウンター

 tomaddr.cgiの設定で $CNT_USE を1に設定した場合用のカウンター表示スクリプトと必要ファイルです。
ファイル説明
tomaddrcnt.txttomaddrcnt.txtや必要なファイル名に変更して使用:アドレス帳登録数保存ファイル
cnt_cgi.txtcnt.cgiなどに変更して使用:汎用カウンター表示スクリプト
gifcat_pl.txtgifcat.plに変更して使用:GIF画像連結ライブラリ
カウンター画像は智猫カウンターのページから入手してください。呼び出し方はHTMLファイルから <IMG SRC="cnt.cgi?df=tomaddrcnt.txt"> で表示されます。

プロバイダのサーバーで動かす方法

 CGIが使用可能なプロバイダに加入している方は、以下の方法で動作させることが可能になります。一度でもCGIを使用したことがあるかたが対象です。初めての方はWeb裏技などでCGIの設置などを勉強してから挑戦してください。

 プログラムを手に入れ、必要な変更(最低限Perlのパスを変更してください)をした後、画像以外はアスキー(テキスト)モードでサーバーへアップロードしてください。パーミッションは.cgiや.plのファイルが755(705でもいい)です。.txtのファイルは666(606でもいい)です。画像ファイルはバイナリモードで転送し744(704でもいい)です。 シェルが開放されているプロバイダでは、覗き見を禁止するためにも真ん中の数値を0にすることをお勧めします。

 アップロードとパーミッション変更が終わったら、HTMLファイルを作ってブラウザで開いて動作確認をしてください。動かない場合には変更ミスが考えられます。もう一度変更したところを確認して見てください。

 プロバイダのサーバーは全ての人の共有資源です。負荷が高くなる設定や改造は控えて使用しましょう。


[ ダウンロードコーナーに戻る ][ ファーストページに戻る ]