謎の改造手術


[ ドリームキャストへ戻る ][ トップページへ戻る ]
 うちとしては怪しいものと思ってたのであまり興味がなかったのですが、ちょっとしたきっかけでブツを入手したので手術してみました。まぁ、怪しい思ってたのも他の機種ではこの手のものは違法コピーCD-R用だったからなんだけど。
 情報ときっかけその他をくれた(ぴ〜)さんありがとう(一応ナイショにしときます)。あ、まだこの手の情報や他の情報があったらぜひ教えてください(笑)。

 写真は大きい写真にリンクされているので見たい人はどうぞ。

※このページの内容については聞かれてもお答えできません。もしやりたい人は自分自身で責任を持ってやりましょう。うちは、ん年前に30万のパソコンを改造し損ねて壊したことがあるので、それなりに覚悟して作業しました。ちなみにその時の壊した原因は参考にした雑誌のミスでした。後でのミス報告はなかったけど間違ってたし。

内部写真1。クリックすると大きい写真になります。  説明にしたがってバラバラにした後の恥ずかしい写真。放熱用のヒートパイプが特徴。それにしてももネジ多すぎ……バラすの大変。
 ヒートパイプが繋がってる上の大きいほうがNEC PowerVR2(PVRSG PowerVR Second Generation)で、下の小さいほうが日立 SH4-CPUらしいです。

内部写真2。クリックすると大きい写真になります。  手術完了直後の患者(笑)。これでもうお嫁にいけないカラダに……お婿さん貰うしかないね(笑)
 説明の写真ではCPUとPowerVR2の上にあるヒートパイプを外していたけど、外すと後で影響がでそうなのでそのままオペを行いました。
 ワイヤーはヒートパイプの下を通ってるのと上を通ってるのがあります。大きいチップに付けた黄色いワイヤーが他のよりちょっと付けにくかったかな。

 情報を教えてくれた人曰く“裁縫よりは簡単”との話だけど、まぁそんな感じかな?服のボタンとか付けるの大変すぎ……

内部写真3。クリックすると大きい写真になります。  内部シールド版とGD-ROMドライブを元に戻してブツを両面テープで固定したところ。
 この後、シールド版を付ける前に付けなくてはいけないフロントのコントローラーが接続されるパネルを付け忘れてて、またバラして付け直してたり。

 ……下敷きにしてる雑誌の広告がちょっと(笑)。現在唯一のアーケードゲーム誌アルカディアだったり。ゲーメストにしか見えんけど……

 こんなとこかな。ちなみに作業時間は30分ちょっと。パネルのつけ忘れがなければもっと早かったはず。で、半田ごてを使ってた時間は10分弱ぐらいかな?
 予想通り作業中に髪を焦がしたたのはナイショ(笑)。 あとはソフトを手に入れるのみ……


[ ドリームキャストへ戻る ][ トップページへ戻る ]