まだ出ぬISDNアダプタ


[ ドリームキャストへ戻る ][ トップページへ戻る ]
 このページではまだ出ぬドリームキャスト用ISDNアダプタについて書いてみたいと思います。このまえ発売されたブロードバンドアダプタに次いで期待している人も多く、いろいろなところで話題が出ますが形態がどうなるかを良く考えていない人も多いような気もします。その辺も考えてみましょう。

形態

 ドリームパスポート3によって、ドリームキャスト後部にあるシリアル端子(すでにMIDIインターフェースや、対戦ケーブルで利用済み)がサポートされ、ISDNアダプタもこの端子を利用することがほぼ確定しています。いつぞやのショーで出品があったものがこの端子を使用していましたし。
 このシリアル端子を使ってのISDNアダプタの形態がどうなるかを予測と希望と憶測で書いてみます。

  1. TAのシリアル端子に接続する単なるケーブル
  2. TAやDSUのS点端子に接続するデジタル通信アダプタ
  3. 電話回線に直接接続するドリームキャスト専用TA

推測による利点と欠点

TAのシリアル端子に接続する単なるケーブル
 この形態の利点はTAアダプタの製作のしやすさ(DCのシリアル端子の規格をRS-232Cへの規格に合わせるコンバーターとコネクタだけでできる)と、TAを所有していればそのTAのシリアル端子に接続するだけで利用できるところ。

 欠点はTAに他のパソコンなどを接続できなくなる(パソコンを接続できないとTAの設定の変更もできません)、シリアル端子を持たないTAも最近は多い、シリアル端子のないダイアルアップルーターも多いなどがあります。

TAやDSUのS点端子に接続するデジタル通信アダプタ
 これが一番現実的です。S点とはDSUにTAを繋げる端子のことです。

 利点としてはDSUのS点端子には計8台までのデジタル通信機器が接続できるので最大台数までは何台でも増やせます。同時に外線に発信着信ができるのは最高でも2つの機器までですが。

 欠点は単体のDSUや、DSU内蔵TA/ルーターでS点端子を備えるものか、S点端子を増設できるものが必要になります。旧製品や廉価モデルにはS点端子がなく増設もできない機種があります。

電話回線のU点に直接接続するドリームキャスト専用TA
 これが一番非現実というか無駄って言うか……。U点とはDSUやDSU内蔵TAを接続するモジュラージャックのことです。

 利点としてはDCさえあれば他には周辺機器もパソコンも必要がないところ。

 欠点としてはDSUとTAの機能を持つものなのでかなり高額になること。いまのTAの相場でいうと2万円から3万円くらいになるでしょう。このアダプタにS点端子ががなければ他のデジタル通信機器がつなげないとこ。
 通常のアナログ電話での通話には、このTAの電話機能を使うことになるので機能が低いと困ること。

まとめ

 どうでしょうか?ISDNアダプタに期待している人で上記のことを考えたことがない人も多いのではないでしょうか?
 あなたならどの形態の製品が欲しいですか?うちならすでにLAN環境があるんでブロードバンドアダプタなんですが……いかんせん対応ソフトが少なすぎますね〜

 まだ出ぬISDNアダプタを待つのと、すでに発売済みで対応の少ないブロードバンドアダプタと、いままでどおりのアナログモデムとどれを選びますか?
 あ、うちのとこで勧めているアナログモデムでLANに参加する方法もありますよ。

 そういうことで色々考えてみてください。
[ ドリームキャストへ戻る ][ トップページへ戻る ]